2007年08月09日

借金を調べに行った

「220万円の借金をしている」と やっと自ら告白した主人、

たぶん そのくらいの借り入れはしているだろうと思っていました。


借金を調べられるとわかり もう 嘘はつけないと思ったのでしょう


借金の使い道は auの支払いと借金の返済・・・借りては返すを

繰り返していたそうです。他 もろもろ


そして 私は主人を連れて浜松町の、

『全国信用情報センター連合会』(ジャパンデータバンク)

 へ 借金が本当はいくらなのかを調べに行きました。




入り口を入ると 窓口があります。そこで 手続きをしてから

待合室のようなところへ入りました。 

用紙に必要事項を記入している最中に

番号が呼ばれ 主人と私、別々に小さな個室に入りました。
(一緒には入ることはできないと言われました。)

私の場合は どこからも借り入れをしていなかった為

『信用情報開示について』という用紙だけをもらい終了。

主人は 係りの方に説明を受け『全情連信用情報記録開示書』

という借り入れ状況が記入されている用紙を持って

出てきました。

内容を見せてもうらうと 主人が言っていたように

約220万円の借金があることが記入されていました。
【関連する記事】
posted by おかめ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金発覚後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。